リラクミンはいつ飲めばいいの?

リラクミンは健康補助食品(サプリメント)ですので服用時間などは決められていません。

そこでリラクミンはいつ飲むのか又、どのように飲むのが効果的かを調べてみましたのでご紹介します。

何粒飲んだらいいかの目安に関する記載はありますが、食前食後などは薬機法によりハッキリと記載する事が無理なのです。

リラクミンはいつ飲むの?

熟睡の為に飲むサプリメントですから、やっぱり飲むタイミングは寝る前です。

しかしながら、寝る前と言っても間際なのか、寝るまでに時間が空いていた方が望ましいのか心配ですよね。

リラクミンは、含有されているアミノ酸の成分により少し最適なタイミングが異なってきます。

例えば、グリシンやセリン配合のリラクミンを飲むのであれば寝る30分前が理想的でしょう。

このタイミングで飲み続けると、翌日の朝の目覚めもスッキリして一日ここちよく過ごす事が可能になります。

テアニン・トリプトファン・ギャバはもうちょっと早いうち、寝る1時間前に摂取しましょう。

入眠しやすくなる作用や、一晩中目が醒める事無く良質な眠ることが出来る効果が発揮されます。

何はともあれリラクミンは寝る間際に飲むサプリじゃありません。

今までにリラクミンにトライしてみたけれど効果が感じ取れなかったという人で、寝る間際に飲用していたという方も多いのでは無いでしょうか。

リラクミンは、眠りにつくよりも少し早目に飲用しておく事で効き目を体感しやすくなるのです。

リラクミンの有効成分についてはこちらで紹介⇒リラクミンの有効成分とは?

 

リラクミンをより効果的にする方法

 

リラクミンには自然な快眠に導いてくれたり、良質な快眠で朝すっきり起きる事ができる良い結果が期待できますが、薬品の様に脳を麻痺させて眠気を起こす即効性はなくて、通常は毎日飲み続けていく事が肝心だと思います。

飲用したり飲まなかったりと気ままな飲み方をやっていると、効き目が感じなくて最終的にはやめてしまう事にもなるでしょう。

少なくても2~3ヶ月は毎日飲み続ける意識でスタートしましょう。

それから、寝る前の内容にも気にすると一段とリラクミンの効果が体感しやすくなります。

・寝る前にお風呂に入らない
・喫煙やコーヒーなど覚醒作用のあるはやめる
・体が温まる着こなしをする
・目が冴めるような本を見ない、スマホをいじらない

とりあえずはこちらの点に気を付けみましょう。

スマートフォンの光も脳を活性化させ眠りにつきづらくさせてしまう誘因につながります。

原則としてベッドに入ったら、何も見ない、読まないルーチンにチェンジましょう。