リラクミンの有効成分とは?

リラクミンは不眠に効果的なサプリですが成分はどうなのか調べてみました。

ここではリラクミンクリアを例に有効成分を検証しようと思います。

こちらが主成分です。

セントジョーンズワートエキス
クワンソウ
ギャバ
トリプトファン

精神をできる限り安定させる成分が主成分だと考えられます。
サプリメントの名前も「リラックス × 睡眠(ミン)」から「リラクミン」ときているだけはあって、気持ちのリラックスが熟睡の誘因と考えられて開発されているようです。

では各成分を解説します。


セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは、うつ病の症状回復と安全性が医学的研究により証明されており、グローバルな実績と信頼を得ているハーブです。

ハーブ先進国であるドイツをはじめヨーロッパ等の各国では、治療薬として認められています。

国内においては、精神を鎮静化する作用があることから、サプリの原料として高い評価を得ています。

セントジョーンズワートには、精神を抑制することで不眠症を解決する効き目があるとされています。


クワンソウ

クワンソウとは、沖縄に繁殖している植物です。

クワンソウは、遠い昔から別名「眠り草」として評価が高いです。
沖縄では、「眠れない時にクワンソウを食べると睡眠が取れる」と伝えられていて、多数の屋敷に植えられていたそうです。

昨今の研究でも、クワンソウには、眠りの質を良化する効力があり、クワンソウエキスを飲む事で、深い眠りが継続し、睡眠中途覚醒が抑制可能なことがわかってきているそうです。


ギャバ

GABA(ギャバ)は人間や動物、植物の体の内側にも存在する天然アミノ酸の一種です。

ギャバは主体として脳や脊髄で「中枢神経を抑える神経伝達物質」の使命を果たしいて、興奮を少なくしたり、癒やしをもたらしたりする役目を果たしてくれています。

そのため、ギャバには「抗ストレス作用」「催眠作用」があり、そういった効用からギャバを含んだサプリも数え切れないほど発売されています。

GABAには催眠作用、抗不安作用、抗痙攣作用、筋弛緩作用の4つの作用があり、このうち「催眠作用」が睡眠薬として働きます。

ですから、睡眠に効く摂取物としては不可欠な成分とも言えるでしょう。


トリプトファン

トリプトファンは、ヒトの体調維持にとって外せない物質「必須アミノ酸」の1つです。

このトリプトファンは、適正量の服用は精神・神経を落ち着けるなど、健康増進に効き目があるとされています。

そのため、特に改良に役立つとされているのは、不眠症、時差ボケ、うつ病等の病気であり、アメリカではそうした症状に処方されるケースがあります。

国内では、法規上の取り扱いでは医薬品ではないので健康食品として流通・発売されているようになっています。

国内におけるトリプトファンの取り扱いは「医薬品的効果を標ぼうしなければ医薬品と判定しない成分本質 (原材料)」に分かれています。


成分を見ただけでも寝れそうな感じがしますね!(笑)

不眠でお悩みの方はぜひリラクミンを試してみてください。